コラム

Colum

肺がんはどんな初期症状が現れる?肺がんの症状、早期発見のための検査

2022.09.16

カテゴリー:

日本人のがんの中で死亡数が最も多い肺がん。その理由のひとつは、症状などからの早期発見が難しいことにあります。肺がんは女性より男性に多く、喫煙が発症リスクを高めることが分かっていますが、近年では非喫煙者や女性の患者さんも増えてきています。今回は、肺がんで現れる症状や早期発見のための検査などについて解説します。

 

肺がんとは、どんな病気?

肺は胸部の左右に1つずつある臓器で、右の肺は上葉、中葉、下葉の3つに、左の肺は上葉と下葉の2つに分かれています。肺の重要な役割は、体の中に酸素を取り入れ、不要な二酸化炭素を外に排出することです。肺の中には空気の通り道となる気管支が通っており、枝分かれを繰り返した気管支の先端付近には、ぶどうの房状の肺胞(はいほう)という小さな袋が無数についています。

肺がんは、気管支や肺胞の細胞ががん化したものです。がん細胞の形や大きさなどによって、非小細胞肺がんと小細胞肺がんの大きく2つに分けられます。発生頻度は非小細胞肺がんのほうが多く、中でも腺がんが肺がん全体の半数以上を占めています。

肺がんの種類

組織型分類 多く発生する場所 特徴
非小細胞
肺がん
腺(せん)がん 肺野(肺の奥のほう) ●日本人の肺がんの中で最も患者数が多い
●症状が現れにくい
扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん 肺門(肺の入り口付近)
※肺野部の発生も増えてきている
●喫煙との関係が深い
●咳や血痰などの症状が現れやすい
大細胞がん 肺野 ●がん細胞の増殖が速い
小細胞
肺がん
小細胞がん 肺門・肺野 ●がん細胞の増殖が速く、転移しやすい(悪性度が高い)
●喫煙との関係が深い

 

同じ肺がんであっても、非小細胞肺がんと小細胞肺がんでは治療方針が異なるため、最初に検査によって肺がんのタイプを確認することが重要になります。組織の型以外にも、肺に発生したもの(原発性肺がん)か、ほかの臓器にできたがんが肺に転移して発生したもの(転移性肺がん)か、でも分類することができます。

 

肺がんにかかりやすい人の特徴とは

肺がんは患者数の多いがんであり、がんと新たに診断される患者さんの数は大腸がんに次いで第2位となっています。また、ほかのがんと比べると死亡数が多く、死亡数の順位はすべてのがんの中で第1位です[※1]

肺がんは男性では10人に1人、女性では20人に1人の確率でかかると推定されており、男性に多いがんです。50歳を過ぎると男女ともに肺がんにかかる割合が高くなり、加齢とともにその割合は上昇します[※2]

肺がんの発症リスクを高める主な要因の1つが、喫煙です。非喫煙者と比べた場合、喫煙者は男性で4.4倍、女性で2.8倍肺がんにかかりやすくなります。喫煙開始年齢が若く、喫煙量が多いほど肺がんのリスクは高まります。また、喫煙していなくても、喫煙者の周囲でタバコの煙を吸ってしまう受動喫煙によって、肺がんのリスクは2~3割程度高まるといわれています[※3]

そのほか、環境や職業による発がん物質の曝露(アスベストなどの有害物質にさらされること)や、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの肺の病気も肺がんのリスクを高めると考えられています。

 

肺がんに特有の初期症状はある?

肺がんの主な症状として、咳(せき)や痰(たん)、血痰(血が混じっている痰)、息苦しさ、胸の痛みなどが挙げられますが、これらは風邪や肺炎、気管支炎などの肺がん以外の呼吸器の病気でも現れる症状です。

肺がんの初期症状として特有の症状はなく、進行した場合でもほとんど症状が現れないこともあるため、症状から肺がんを早期発見するのは難しいといわれています。

〈肺がんの主な症状[※2]〉

  • ・咳、痰
  • ・痰に血が混じる
  • ・息苦しさ
  • ・胸の痛み
  • ・動悸
  • ・発熱

 

肺がんを早期発見するための検診・検査

肺がんは特有の初期症状がないことから、早期発見のためには定期的にがん検診を受けることがとても大切です。国の指針にもとづいて実施される肺がん検診は40歳以上の人を対象としており、自覚症状や喫煙歴、妊娠の可能性の有無などを確認する問診を行った上、胸部レントゲン(X線)検査を実施します。

50歳以上で、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上の人は特に肺がんのリスクが高いとされ、胸部X線検査に加えて喀痰(かくたん)細胞診も行います。肺がんの場合、がん細胞が痰の中にはがれ落ちることがあるため、痰を採取して顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。

市区町村が実施するがん検診には検診費用の補助があるため、一部の自己負担金で検診を受けられることがほとんどです。名古屋市ではワンコイン500円の自己負担金で肺がん検診を実施しており、当クリニックでも受診することが可能です。

■名古屋市がん検診(ワンコイン検診)■

肺がん検診で「要精密検査(がんの疑いあり)」と判定された場合、胸部CT検査などのより精度の高い画像検査を行います。胸部CT検査は、肺がんの有無を調べる画像診断法として現時点でもっとも有力な方法とされています。

 

【関連コラム】胸部レントゲン(X線)検査と異常が見つかった場合の精密検査

胸部レントゲン(X線)検査と異常が見つかった場合の精密検査

胸部CT検査ならさらに小さな肺がんも見つけることができるため、人間ドックのオプションとして選択されることも少なくありません。当クリニックの人間ドックには、被ばく量を少なく抑えながら撮影する低線量胸部マルチスライスCTをメニューに組み込んだ人間ドックのプランがございます。また、オプションとして画像検査の補助的な役割を担う腫瘍マーカー検査を追加いただくことも可能です。

 

【関連コラム】腫瘍マーカー検査とは、どんな検査?

腫瘍マーカー検査とは、どんな検査?

50歳以上で喫煙歴が長いなど、肺がんのリスクが気になる方は、一度胸部CT検査を受けてみるのがおすすめです。人間ドックのプランや検査内容を詳しくお知りになりたい方は、ぜひお気軽に当クリニックにお問い合わせください。

 

【関連コラム】

がんを早期発見するために。知っておきたいがんのコト

全身MRI検査(DWIドック)による注目のがん検査とは

 

参考文献
※1 国立がん研究センター, がん情報サービス 最新がん統計
※2 国立がん研究センター, がん情報サービス がん種別統計情報 肺
※2 国立がん研究センター, がん情報サービス 肺がん

=============

alt=記事監修者:
医療法人社団 進興会 理事長 森山紀之

プロフィール:
1973年千葉大学医学部卒。
元国立がん研究センター がん予防・検診研究センター センター長、
東京ミッドタウンクリニック常務理事 兼 健診センター長を経て、現職。

おすすめ情報

Recommended information

ご予約・お問い合わせ

Contact

人間ドック・健康診断
完全予約制

052-551-1169

電話受付 : 月〜土 9時~18時(祝日除く)

当院では音声ガイダンスを導入しています。予約に関するお電話は『1』、外来に関するお電話は『2』、企業検診ご担当の方は『3』を押してください。

ご質問などは、以下お問い合わせフォームより
お願いいたします。

ページの一番上へ

閉じる