Notice検査に関するご注意

検査に関するご注意

以下検査をご希望の方は注意文をご確認ください。

上部消化管内視鏡検査

経口又は経鼻を選択できます。
経鼻の内視鏡検査は、カメラを鼻から入れるために口をふさがれず、検査中でも医師との話ができるなどのメリットはあります。しかし、経口のカメラの方が、より鮮明な画像で観察できるので、ピロリ菌感染およびピロリ菌除菌後のがん年齢(40~50歳以上)で胃がんのリスクの高い方、またはより確実な内視鏡検査をご希望の方は経口内視鏡をおすすめします。
※経鼻内視鏡検査は、鼻にシリコンを入れている方はご受診できませんのでご了承ください。

【鎮静剤の使用をご希望される方は必ずご確認ください】
  • 眼科で緑内障と診断されている、もしくは検査中の方は、予めかかりつけの眼科医に使用可能かご相談ください。
    (使用によって症状が悪化する可能性があります)
  • 鎮静剤を使用した場合、当日の車・オートバイ・自転車の運転はできません。
    また、検査後1時間程、休んでいただく必要があります。

バリウム検査

次の項目に該当する方は、当クリニックではバリウム検査を受診いただけませんのでご了承ください。

  • 治療中のご病気で、水分制限がある(血液透析・腹膜透析中の方など)
  • バリウム製剤に対する過敏症がある
  • 腸閉塞・クローン病・憩室炎の既往、もしくは現病歴がある
  • 以前、消化管の穿孔になったことがある
  • 腹膜手術後(内視鏡下の手術・帝王切開含む)、術後12ヶ月を経過していない
  • 妊娠中・妊娠の可能性がある
  • 検査当日の血圧値が、BP180/110mmHg 以上の重症高血圧症である
  • 検査当日の体重が130kgを超える方(撮影装置の安全性を保つため)

MRI

次の項目に該当する方は、当クリニックではMRI検査を受診いただけませんのでご了承ください。

  • 心臓ペースメーカーや刺激電極などを身につけている方
  • 妊婦、または妊娠されている可能性のある方

次の項目に該当する方は、当院ではMRI検査を受診いただけない場合がございます。

  • 体内に脳動脈クリップや人工関節などの金属が埋め込まれている方
  • 閉所恐怖症など、狭いところが苦手な方
  • 長時間、同じ体勢が保てない方

MRAの検査結果は、専門医による読影後に最終判定いたします。

CT

埋め込み型心臓ペースメーカーの一部の機種において、X線CT検査中に当該製品が部分的電気的リセットを引き起こす不具合事例がありました。該当の方はご相談ください。

腫瘍マーカー

腫瘍が産生する特異的な物質を、主に血液中(血清中)で測定する検査です。特異的な物質は、正常細胞においても産生するため、即腫瘍の存在を意味するものとはなりません。

その他

妊婦、妊娠の可能性のある方は、以下の検査が受けられませんので健診をお控えください。

  • 胸部レントゲン
  • 胃部レントゲン
  • マンモグラフィ(授乳中の方もお控えください)
  • CT
  • 胃部内視鏡検査
  • 婦人科検査

妊娠中の方の採血結果は、異常がなくても基準値外の数値が出る場合がありますので、あらかじめご了承ください。