コラム

Colum

心電図の役割と異常が見つかった場合に行う精密検査

2021.08.27

カテゴリー:

職場などで実施される健康診断で、検査項目の一つとなっている心電図検査。労働安全衛生法で実施することが定められているため、実際に受けたことがある方も多いかと思います。
心電図検査で異常が認められ、心疾患が疑われたら、必ず精密検査を受けることが大切です。

今回は、心電図検査でわかることや異常が見つかった場合の精密検査について詳しく解説します。

心電図検査の役割とは

心電図検査は、心臓の電気的な活動を調べるもっとも基本的な検査です。心臓はポンプのように収縮と拡張を繰り返すことで全身に血液を送り出しており、この動きを拍動といいます。
心臓の拍動は、規則正しいリズムで発生した電気信号が心臓の筋肉(心筋)に伝わり、心臓全体を刺激することで起こります。こうした心臓の電気的活動を検出し、波形として記録するのが心電図検査です。

心電図検査にはさまざまな種類がありますが、一般的によく行われるのがベッド上に仰向けになった状態で検査する安静時心電図です。胸と両手脚に電極をつけ、記録した波形を正常な波形と比べて、異常がないかどうかを判定します。

健康診断などで心電図の異常が見つかった場合、検査結果の報告書にどのような異常があったか説明が記載されます。ただ、波形に異常が認められても、必ずしも心臓に問題があるというわけではありません。健康な人でも、正常とは異なる波形が見つかることも多いからです。異常が指摘された場合は検査結果の判定区分をチェックし、精密検査が必要かどうかを確認するようにしましょう。

 

心電図の異常で、どんな病気がわかる?

日本人の死因の第2位となっているのが心疾患です(※1)。安静時心電図は、虚血性心疾患不整脈といった心疾患の発見に役立ちます。

虚血性心疾患とは、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管が、動脈硬化などの原因で狭くなったり閉塞したりすることで、心筋に十分な酸素や栄養が供給されなくなる病気です。不整脈とは、心臓の電気的活動のリズムが異常になった状態のことをいいます。

虚血性心疾患は、狭心症と心筋梗塞とに大きく分けられます。冠動脈の内部が狭くなり、とくに運動時に心筋への血流が不足することで、胸痛などの症状が一時的に出現するのが狭心症です。一方で心筋梗塞では冠動脈は完全に閉塞しており、血流が途絶えることでその部分の心筋が壊死してしまい、命にかかわる危険な状態となります。

狭心症の発作や心筋梗塞が起こっているときは、心筋の電気的活動にも異常が生じるため、それが心電図にも表れます。心電図検査で虚血性心疾患の疑いを指摘され、かつ胸痛などの症状がある場合は、できるだけ早めに循環器科を受診することが大切です。

不整脈には、大きく分けて脈が飛ぶように感じる期外収縮、脈が速くなる頻脈性不整脈、脈が遅くなる徐脈性不整脈の3つがあり、いずれの診断にも心電図検査が欠かせません。

〈不整脈の種類と症状〉

  • 期外収縮(きがいしゅうしゅく)

    • ・本来規則的に打っているはずの心臓の拍動が一拍だけ早く打つことにより、その拍動が脈として感じられなくなり、脈が途切れたように感じたり、途切れた後の拍動を強く感じて「ドキッとする」と感じたりする。
    • ・心疾患を持たない健康な人でも起こる。
  • 徐脈(じょみゃく)性不整脈

    • ・心臓の拍動頻度が極端に少なくなる(おおよそ50 回/分以下)。
    • ・高度な徐脈では失神発作や突然死に結びつく危険なものもあり、ペースメーカー治療を必要とすることもある。
    • ・健康な人でも、とくにスポーツマンでは迷走神経という自律神経の機能が高まることによって起こる生理的な徐脈もあり、この場合は全く心配ない。
  • 頻脈(ひんみゃく)性不整脈

    • ・心臓の拍動頻度が極端に多くなる(おおよそ100 回/分以上)。
    • ・多くの種類があり、なかには重篤な脳梗塞の原因となったり、失神発作を起こしたり、突然死につながる非常に危険な不整脈もある。
    • ・薬物治療やカテーテルアブレーション、電気的除細動など、状態に合わせた治療を行う。

無症状の不整脈であっても、突然死を引き起こすような危険な状態に移行することもあります。心電図検査の結果、精密検査が必要と判断された場合には、必ず循環器科を受診することが大切です。

 

 

心電図の異常が見つかった場合に行う精密検査

安静時心電図で狭心症や不整脈などが疑われた場合、発作が起こったときの状態を調べるため、運動をしながら心電図をとる運動負荷心電図や、24時間にわたって心電図を記録するホルター心電図などを行います。

ホルター心電図は、複数の電極を胸部につけ、腰周りに記録装置を装着するタイプが一般的ですが、当クリニックでは、コードレス型で胸部に貼るだけで負担少なく検査を行える「Heartnote🄬」というホルター心電図を採用しています。薄型・軽量で防水機能を備えており、付けたままシャワーを浴びることも可能なため、日常生活にほとんど影響なく検査を行えます。

心臓の大きさや壁の厚さ、弁膜症、動き方を確認するためには、心電図よりも心臓超音波検査(心エコー)が役立ちます。当クリニックでは、外来二次検査での精密検査としてはもちろん、人間ドックや健康診断に追加できるオプションとしてもお受けいただけます。

毎年の健診で何気なく受けている安静時心電図は、心疾患を見つける基本となる大切な検査です。検査結果は意識して確認するようにしましょう。結果が良好でも、自覚症状がなく突然命に関わる症状が出る場合もありますので、心臓の状態を詳しく調べてみることをおすすめします。

 

ただいまミッドタウンクリニック名駅では、中和抗体検査付きの人間ドックご優待コースをご用意しています。ご興味ある方はぜひ当クリニックにお問い合わせください。 詳しくは以下をご覧ください。

 

参考文献
※1 厚生労働省が「令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況

=============

記事監修者:
ミッドタウンクリニック名駅 循環器内科 窪 友理

【認定資格】
日本内科学会 認定内科医

おすすめ情報

Recommended information

ご予約・お問い合わせ

Contact

人間ドック・健康診断
完全予約制

052-551-1169

電話受付 : 月〜金 9時~17時(祝日除く)

当院では音声ガイダンスを導入しています。予約に関するお電話は『1』、外来に関するお電話は『2』、企業検診ご担当の方は『3』を押してください。

ご質問などは、以下お問い合わせフォームより
お願いいたします。

ページの一番上へ

閉じる